ピナツボ火山噴火地域で日本人が土壌再生事業。生ゴミ原料の肥料を開発 | 日刊まにら新聞

本日のニュースアクセスランキング

ニュース注目ランキング(過去1ヶ月)

フィリピン 経済 ニュース
2014-12-14 03:00:00 [ 経済ニュース ]
ピナツボ火山噴火地域で日本人が土壌再生事業。生ゴミ原料の肥料を開発 | 日刊まにら新聞
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news215822.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
23年前に大噴火し、火山灰の泥流(ラハール)で埋まったピナツボ火山のふもとで、荒廃した土壌の再生を目指す日本人の試みが結実しつつある。生ゴミを原料にして、安価かつ無限に液体肥料を生産できる技術がフィリピンの抱える様々な問題を解決する糸口となりそうだ。  [続きを読む]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Copyright c MANILA QUOTE All Rights Reserved.